2016年07月01日

【ゴルフスイングの基本】考えなくてもスイングは、自然と身につき

【ゴルフスイングの基本】考えなくてもスイングは、自然と身につきます。
あなたにゴルフのスコアを一気に縮める秘訣があります。
明日からのスコアが、最低でも10は縮められる秘訣です。

それは、
ドライバーからアイアン、アプローチに至るまで
全てスイングリズムを一定にするということです。
これができれば、あなたのスコアは明日にも10打以上は縮まります。

よくプロのトーナメントで、携帯の着信音が聞こえミスショットをする選手がいますが、
あれは携帯の着信音によってスイングリズムを乱されるのが原因です。

プロであってもあれだけナーバスになるのですから、
アマチュアのあなたはよりスイングリズムに注意する必要があるのです。


ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

私は全てのショットで同じリズムで打っていることが分かるかと思います。

TVでプロゴルフトーナメントの映像を見ると分かるのですが、
実はプロのスイングはどのショットも毎回一定です。

選手の映像がころころ変わりますので気づきにくいのですが、同じ選手の映像をつなげると、
実はドライバーもアイアンもウェッジも全て同じリズムで打っていることが分かります。


ここで少しラウンド中の自分の姿を思い出してみてください。

ティーショットとセカンドショット
ティーショットとアプローチショット

全て同じリズムで打てていましたか?

全てのショットで一定のリズムを保つことによって、
あなたのスコアは安定するようになります。

ぜひ、あなたも今日からドライバーからアイアン、
パターに至るまでリズムを同調させてみて下さい。

きっとゴルフのスコアがアップすることでしょう。


ただし、このスイングリズムというのは人それぞれ異なります。
テンポの速い人もいれば遅い人もいます。


例えば、タイガー・ウッズ、石川遼、ジャンボ尾崎選手などはスイングのリズムが速く、
一方、宮里藍、藤田寛之選手などはスイングのリズムがゆっくりです。

どれが正しくどれが間違いということではなく、
人それぞれ自分なりのスイングリズムというものがあるのです。

自分に合うスイングリズムでなければスコアは伸びません。

先ず「自分なりのリズム」を知り、このリズムをドライバーからアイアン、
パターに至るまで全て一定にすることが大切です。

そこで私のレッスンでは、まず自分に合ったリズム探しのコツや
リズムを同調させる方法からお教えしています。

「リズムシンクロ打法」
体重移動のない1軸打法で、ヘッドスピードが自然と速くなる
あなたは飛距離を伸ばすためには、「体重移動が重要だ」と思っていませんか?

実は、それは大きな誤りなのです。

これは、私の師であるデビッド・イシイプロから学んだのですが、
体重移動の少ない一軸スイングが正確性と飛距離をもたらします。


例えば、おもちゃのコマをイメージしてみてください。

高速に回転するためには、中心軸がしっかりしている必要があります。
中心軸がぐらついている時は、コマの回転も遅くなっていますよね。


また、アイススケートで選手がくるくると高速回転するシーンがありますが、
あの時も腕を折りたたみ、軸を小さくして回っていることが分かるかと思います。

これもおもちゃのコマ同様、中心軸を1点にして回転速度を上げているのです。
手足を広げている時というのは、回転速度を早くすることが出来ません。

ゴルフも同様で、飛距離を伸ばすためのヘッドスピードを上げるには、
体重移動せず軸はなるべく動かさずに打つ方が良いのです。

体重移動していると、軸がぶれるので、その分だけ体の回転が遅くなります。

アイアンは左一軸
ドライバーはセンター一軸

クラブによって意識する軸の位置は異なりますが、アイアン、
ドライバー共に一軸であることが大切です。


特に現在は韓国のプロゴルファーはセンター1軸の選手が多く、
体格に恵まれないアジアの選手の主流となって行くことでしょう。

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

あなたはスイング中クラブが重いと感じていませんか?

もし、スイング中にクラブが重い、手のひらにまめが出来るとお感じであれば、
あなたはパワーを必要とする外人向きのフラットなスイングプレーンに
なっているかも知れません。

右脇を締めてスイングする、フラットなスイングプレーンの場合、
物理的にインパクトゾーンが短くなり、なおかつヘッドスピードも落ちるのです。

このような理由により、アップライトなスイングプレーンは、フラットなスイングプレーンより有利なのです。

アップライトなスイングプレーンを身につけることで、性別、年齢、体格的にハンデがある人でも強烈なヘッドスピードを生み出すことが出来るようになります。

試しに今夜にでも練習場に行かれた際には、アップライトなスイングプレーンを意識してみて下さい。
テークバック、ダウンスイングでこれまでより遙かにクラブが軽く感じられることでしょう。

このように、

「体重移動の少ない一軸打法+アップライトなスイングプレーン」が、何度打っても芯に当たる正確性と爆発的なヘッドスピードを生み出すのです。


私のゴルフレッスンには、非力な女性の方も多数おられますが

「ドライバーって、一番簡単なクラブなのですね」

皆さん口々にこう言います。
非力な女性であっても、「一軸打法+アップライトなスイングプレーン」
でビシバシ飛ばしています。

今あなたは、ドライバーが一番難しいと感じていませんか?
朝一のティーショットは、ラウンド中最も緊張するショットかもしれませんね。

しかし、今日からその考えを改めてください。

「体重移動の少ない一軸打法+アップライトなスイングプレーン」でしなりを活かすスイングを身につければ、普段は緊張する朝一のティーショットが待ち遠しくなるはずです。

考えなくてもスイングは、自然と身につきます。
ここまで説明してきたスイング理論は、あなたが頭で考えて身につけるものではありません。

よくゴルフノウハウ本やレッスンDVDなどで、

「手首の角度45度、膝の曲り20度・・・」

といった、こと細かに体の角度などを説明しているものがありますが、
あれはあくまでスイングが完成した後の結果論にすぎません。

スイングを後から写真で見ると、手首の角度が45度になっているというだけです。

写真の通り体の角度を同じにしてスイングすれば、
正しいスイングになるというわけではないのです。

では、正しいスイングを最短で習得するにはどのようにしたら良いのでしょうか?

その答えは・・・
私が20年以上ゴルフに携わり、これまでに延べ4万人以上を教えてきたティーチングプロとしての経験をもとに、考え抜いた末に編み出したいくつかのドリルをすることです。

あなたは私のドリルを実践するだけでOKです。

別に手首の角度や肘の角度、膝の角度など、
難しいことを考える必要はありません。

スイング理論を考え、悩むのは私の仕事です!

あなたは、私が考え出したいくつかのドリルを、
楽しみながら実践するだけで良いのです。


あなたはこれから先ずっと、手首の角度45度、
膝の曲り20度度といった体の数値、動きは一切考える必要ありません。

あなたに適したスイングが身についたとき、
自然と正しい体の動きというのは出来ているものなのです。

これは、私がデビッド・イシイの専属キャディとして多くのトーナメントプロゴルファーのスイングを見てきて、また、ティーチングプロとして延べ4万人以上もの人に教えてきて、最終的に掴んだ結論です。


ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

私のレッスンは、非常に効率的と生徒さんたちから評判です。

なぜなら、ドライバーからアプローチまで1つのスイングで完成するからです。

ドライバー用のスイング、アイアン用のスイング、
アプローチ用のスイングがあるわけではありません。

それ故、私のレッスンでは「8番アイアン1本だけ」を使いスイングを習得して頂きます。
posted by ゴルフスイング at 05:34 | 沖縄 ☀ | 一軸スイング理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ゴルフスイングの基本】ドライバー、アイアン、スイングリズム

【ゴルフスイングの基本】ドライバーからアイアン、アプローチに至るまで全てスイングリズムを一定にするだけで
これだけゴルフクラブが進化しているのに、あなたのゴルフスイングは、
ウッドやメタルのゴルフクラブで習った時と同じではありませんか?

実は、ここに飛距離が伸びない、方向性が悪い、
スイングが安定しないという悩みの大きな原因があるのです。

これだけ道具が進化しているなら、進化したゴルフクラブの性能を
最大限に発揮することができれば、あなたの飛距離も、伸ばせるとは思いませんか?


ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」


そうです。
現代のゴルフでは、ゴルフクラブの性能を上手に利用することができれば、体の衰えや体格的なハンデはある程度カバーできるのです。

具体的には、短尺、小ヘッド、まるで鉄の棒のような硬いシャフトの時代のゴルフスイングから、長尺、大ヘッド、高跳びのポールのようにしなる最新のシャフト性能を活かしきるゴルフスイングへとあなたのスイングも進化させなければなりません。

その進化の秘訣は、自分のスイングリズムを見つけ、シャフトのしなりを最大限に利用することにあります。

進化した道具を100%活かす、しなりを活用したスイングをあなたが身につけた時、あなたはこれまでにない飛距離と方向性を手に入れることが出来ます。

しかし、そのことに気付く人はまだ多くありません。

体格や年齢から飛距離をあきらめ、グリーン周りで勝負しようとしている多くの方に、
もう一度飛距離でも勝負できるゴルフを体感して頂きたい。

進化した道具にあった最新のスイング理論を多くの方に伝えたい。

私はそんな思いから今回このページを立ち上げました。

これからあなたのゴルフを大きく変える、しなりを活用した「リズムシンクロ打法」
についてお話ししますので、興味のある方はぜひ最後までお読みいただけると幸いです。


ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

約30年にわたりゴルフに携わってきましたが、私にはある一つの信念があります。

それは、「ゴルフに体格や腕力は関係ない」ということです。

私は、身長161p、体重52sとまるで女性のような体格で、
ゴルフを始めた頃は飛距離が出ず非常に苦労しました。

いくら練習しても飛距離が出ないため、競技ゴルフの道をあきらめた時期もあります。

しかし、私の師である二人のプロゴルファーから
「ゴルフに体格や腕力は関係ない」ということを学びました。


私がゴルフを始めた頃の師である秋富由利夫プロは、身長160p前後でしたし、日本の賞金王に輝いた私のもう一人の師であるデビッド・イシイプロも非常に細身で、当時同様に活躍していたジャンボ尾崎に比べて圧倒的に体格的に差がありました。

この二人のプロに共通するのは、自分のスイングリズムを保って、ゴルフクラブの性能を100%活かし切ることができたからこそ、圧倒的な体格差をおぎなっていたということでした。


ゴルフは他のスポーツに比べ、道具に依存する割合が非常に高いスポーツである以上、
道具をうまく使うことが出来れば体格的なハンデもカバーすることが可能なのです。

このことに気づいて以来、私は日々ゴルフクラブに100%仕事をさせることを意識して、
より効率の良いスイング理論を考えて参りました。

その結果、今では平均270ヤードの飛距離をドライバーで
コンスタントに打つことができるようになっています。


現在は、このゴルフクラブに100%仕事をさせるスイング理論を、宮崎と大阪のゴルフ道場を中心にお教えしています。

スコア140前後だった生徒でも、数回のレッスンで100を切り、2〜3カ月後には、軒並み90台を切るようになっています。

「年齢と共に飛距離が落ちた」

という方も多いと思いますが、身長161センチと、小柄な私でも平均270ヤード飛ばせる省エネスイング理論となっておりますので、体格が劣る方、年配の方もぜひこのスイング理論を参考にして頂ければ幸いです。

では、具体的にその省エネスイング理論「リズムシンクロ打法」
とはどのようなスイング理論なのか?


ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

あなたにゴルフのスコアを一気に縮める秘訣をお教えします。
明日からのスコアが、最低でも10は縮められる秘訣です。

それは、
ドライバーからアイアン、アプローチに至るまで全てスイングリズムを一定にする
ということです。

これができれば、あなたのスコアは明日にも10打以上は縮まります。
posted by ゴルフスイング at 05:26 | 沖縄 ☀ | 一軸スイング理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする