2016年02月14日

最短でゴルフを上達するにはスイングを改善してスコアアップ

実は、アマチュアがスイングを作っていくうえで
重要な事はたった1つしかありません。
その1つを実践すれば自然と良くなるものです。

情報の発達したいまでも、この事実に気が付いている人は極稀でしょう。
なぜなら、私は他のプロと違い、18歳からゴルフをはじめ、
あなたと同じ練習場で育った変わり種のプロだからです。

アマチュアゴルファーが最短でゴルフを上達するには何をするべきか?
その答えを私は知っています。


今日からゴルフスイングの悩みに関する考え方が変わることでしょう

その秘密は、ほんとうに、ごく簡単なことでした。
詳しくお話ししていきましょう。

もう、難しい理論に振り回され、練習場で無駄にボールを打つ必要もありません。
高価なドライバーも必要ありません。
異なるレッスン内容に頭を悩まされる必要もありません。

短期間でスイングを改善してスコアアップを実現させる為の方法があることを伝えました。
では、「なぜ、あなたが思うように上達できないのか?」
ということについてもお話しておきます。

実は、巷に溢れる方法には、
なかなか上達できない理由があります。その理由とは・・・

雑誌や本で上達しない訳
雑誌、本、は新しい理論や、トッププロの練習方法など豊富な情報が盛り込まれています。目を引くような記事や見出し、試してみたくなる新しい練習方法…しかし、残念ながら毎週全く違う内容を伝え、表面的な理論に終始しがちです。結果、何が正しい情報なのか分からなくなります。

従来型のゴルフ理論でうまくならない訳
従来言われている練習方法や理論は
とても複雑だということです。
手首はこのタイミングで返せ、膝はこの角度で、頭は動かすな、バックスイングの時はこうしろ…
正直、何が正しいのか…忠実に再現するのは、現実的に考えて不可能でしょう。
ゴルフ理論の進化と複雑化は、まるで携帯電話やTVのように…ますます高度になっています。


レッスンの落とし穴
レッスンはその場でスイングに関する色々な悩みを聞けるため、有効な練習法の一つだと思います。
人それぞれ悩みや質問は違いますので、そういった場はとても貴重ですよね。


しかしその反面、レッスンにはいくつかの問題もあります。
そのひとつが、人によって理論や教え方が違うということです。

このようにひとつの悩みに対して、その答え方は人それぞれ違ってくるのです。
なぜなら理論やイメージが、人それぞれ違うからです。 その指導に対してあなたがどのように受け取るか・・・
つまり、あなたとバッチリ相性が合うプロに出会えるか、というと疑問が残ります。
「なんだかこの教え方でやっていても上手くなる気がしない・・・」
もしそう思って途中でやめてしまっても、費やした時間とお金は返ってきませんし、上達から程遠くなることも考えられます。

これらの情報はゴルフの知識は増えますが、上達には遠回りです。

いったどんな練習をすればいいの?
本当に短期間でゴルフが上達するようになるの?

ゴルフは1日20分程度の練習ですぐに上達するようになります。

たった3年間で189人の教え子をシングルに導いたカリスマ

小原大二郎プロの7日間シングルプログラム 待望のver.3.0

短期間でゴルフスイングを改善してスコアアップを実現させる為の方法
正確なインパクトから作り上げられたスイングは
練習を重ねるごとに、理想のポジションに自然に収まっていくものです
posted by ゴルフスイング at 07:35 | 沖縄 ☀ | ゴルフスイング上達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする